注目を集めているWiMAXを購入したいという人はキャッシュバックに注意

モバイルWiFiルーターの購入前に、ワイモバイルとWiMAXという高評価の2機種のモバイルWiFiルーターの速度や1カ月毎の料金などを比較してみたところ、上位機種における下り最大速度を除外しただいたいの項目で、WiMAXの方が優っていると分かりました。モバイルWiFiの1ヶ月の料金は大概5000円以内となっていますが、プロバイダーによってはキャッシュバックをセールスポイントにしているところがあります。この金額を支払った金額からマイナスしたら、本当に支払った費用が明確になります。長くWiMAXを活用しているわけですが、もう一度モバイルWiFiルーターを比較し、「現実的にいいルーターはどれなのか?」をはっきりさせたいと考えています。注目を集めているWiMAXを購入したいという人は少なくないでしょうが、「WiMAXとWiMAX2+では何が違うのかが分かっていない」という人に向けて、その違いをご案内しようと思います。速度制限設定のないのはWiMAXのみというイメージが強いかもしれませんが、ワイモバイルにも通信方式を切り替えることで、速度制限が実施されることなく利用可能な「アドバンスモード」と称されるプランがあるのです。自分の家では、ネットに接続する際はWiMAXを使用するようにしています。最も気にしていた回線速度につきましても、全くイライラ感に苛まれるようなことのない速度が出ています。「データ許容量」、「使えるエリア」、「毎月の料金」、「速度制限の有り・無し」という4つの事項で比較検証しましたところ、どなたが選択しても納得するモバイルWiFiルーターは、わずか1機種だけでした。WiMAXモバイルルーターについては、携行できるようにということで開発されている機器ですので、鞄などに容易に入れることができるサイズでありますが、利用する場合はその前に充電しておかなければなりません。プロバイダーの「GMOとくとくBB」は、嬉しいキャッシュバックキャンペーンを実施していますが、バックされる現金をミスなくもらうためにも、「キャッシュバック告知メール」が受信できるようにメール設定しておきたいものです。一昔前の規格と比べると、今のLTEには、接続とか伝送のスピード化を図るための高水準の技術があれこれ盛り込まれているとのことです。「ポケットWiFi」というのは、「ワイモバイルが市場提供しているWiFiルーター全部」というのが本当のところなのですが、「場所を選ぶことなくネットを可能にするための端末全部を指す」事の方が多いでしょう。今のところWiMAX2+の通信カバーエリアとなっていないと言われる方も、今現在購入できるWiFiルーターの場合は、以前のWiMAXにも繋ぐことができるようになっていますし、更に言えるのはオプション料金を支払うことによって、高速ワイドエリアの「au 4G LTE」にも繋ぐことができます。ポケットWiFiに関しては、一定期間に使用できる通信量とか電波の種類が異なったりしていますから、利用目的によって契約すべきモバイルWiFiルーターも異なって当然です。100%に近いプロバイダーが、電子メールを使って「キャッシュバックを振り込みます。」といった通知をしてきます。買い求めてから何カ月も経過してからのメールになりますから、見過ごすことも稀ではありません。オプションということでお金は掛かりますが、WiMAXのエリア圏内に入っていなくても、高速で著名なLTE通信を使用することができる機種もあるので、現実的に言ってこのWiMAXさえ持っていたら、全国ほとんどでモバイル通信が可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です